『中村明代の色エンピツ画集』

中村明代 Akiyo Nakamura

中村明代の色鉛筆画21点をまとめた画集。


色鉛筆で描かれた柔らかく色彩豊かな絵は、とっておきのお菓子のように心を弾ませてくれます。
みていると その世界に引き込まれ、ほんわかした優しい気持ちになる一冊。

画像02

artist's voice

コンセプト

生き物や風景が、色鉛筆のやさしい風合いでコミカルに描かれています。
眺めてほっこりして頂けると嬉しいです。

本を作るにあたって一番のこだわり。本制作において、大変だったところ、楽しかったところ。

めくる楽しさが最後のページまで続くよう、心掛けました。

16040101_03
どのような時にどのような環境で作品を作られていますか?

私の場合、制作に広い場所を要しませんので、小さな机、色鉛筆ボックス、そして絵の具セットさえあれば、狭い所でも描けます。
基本的には、自室で黙々と描いています。

16040101_04
日常の中で目を奪われる瞬間、心が惹かれる風景はありますか?

近年は主に風景画を描いていますが、この画集をつくった頃は、架空の世界を多く描いていました。
架空の世界を描く時は、描きたい風景が元にあるわけではなく、色を置いて遊んでいる感覚です。
「この色の横には、この色があるとステキ。その横にはこの色…」と置いて行くと、結果、なんらかの風景になっていた。みたいな状態です。

16040101_04
▲ページのトップへ戻る