『nirohsy』

ショーリン Syorin

自身のアクセサリーブランド「ニロス屋」の、様々な種類の制作物をまとめた本。写真が多く、カラフルな本になっている。キネティックアートや、成人式用の花飾り、立体パズルなどバラエティーに富んだ内容。2作目。


表と裏で全く違う世界観が見える本。作者のアクセサリー制作の厚みが垣間見える。

画像02

artist's voice

『nirohsy』のコンセプト

表は幾何学系、裏は布や造花を使った極彩色な鮮やかな作品群と、あえて真逆な内容を一冊にすることで、ニロス屋の作品制作がいろんな面を持っていることを表しました。ト

『nirohsy』をつくるきっかけ

変形六角本をもう一冊作るという時になって、前作では触れられなかった別の系統の作品制作の紹介になればと思い作りました。大慌てで制作した覚えがあります。

16040101_03
本制作において、大変だったところ。

内容は写真本のようにカラフルなので、それが引き立つように表紙はシンプルさを重視しました。

とくに、どんな方にオススメ?

ニロス屋の昔のアクセサリーや制作物を見てみたい方。文字が少なく、写真本のように読めます。

16040119_04 16040119_05 16040119_06

Related items

『polyhedra』
ショーリン
自身のアクセサリーブランド「ニロス屋」の幾何学アクセサリーの為に製作した本。


» more

『fall』
ショーリン
一枚ずつ三角形の穴が開いたフリップブック。



» more

『次の問題に15文字以内で答えよ』
ショーリン
全てのページのタイトルが15文字以内のしりとりで繋がった分厚い写真本です


» more

▲ページのトップへ戻る